熱可塑性樹脂の押出技術で商工会議所フィルター プレス プレート メーカー

今日では、3 D プリンターのほとんどは、コンピューター管理からプリント ヘッドを見つけるオブジェクトに半液状の素材です。商工会議所フィルター プレス プレートをこのプロセスを導入するメーカーは、材料、金属、コンクリート、セラミック、チョコレートなどのさまざまなを使用できますが、これまで最も一般的な熱可塑性樹脂の押出材料は溶融プラスチック。
3 D 印刷の詳細については、私はこれは常に変化する業界、多くの異なる用語の 1 つ時を参照できる、同じオブジェクトを印刷する熱可塑性樹脂の押し出しによって特にこのプロセスを考えるより。技術だけともいうべき andquot;熱可塑性 extrusionandquot; 一般と比較して、ステートメントは andquot; extrudedandquot;。実際には、テストおよび材料 (ASTM インターナショナル)、グローバル標準化団体アメリカ合衆国国際交流協会はこの 3 D 印刷標準の共通の名前は andquot; extrudedandquot; 2012 年 6 月発表。
商工会議所フィルター プレス板メーカーは、上記の概念を導入した、おそらく Stratasys 社の熱可塑性樹脂の押出成形技術の発明者が、わかりやすく物事になります、andquot; として、この技術に関連する市場のリーディング カンパニーです。溶融堆積モデリング (FDM) andquot;。FDM は熱可塑性樹脂の押し出しとして概念 (および誤用) に言及していた、材料の押出技術として一般に理解されます。